カスタムフィールド系のプラグインで選択肢定義を取得する

WordPress Tips

目的

カスタムフィールド系のプラグインで定義したチェックボックスやセレクトボックスなどの選択肢を取得したい場合があります。

Advanced Custon Fields での方法

Advanced Custon Fields では get_field_object() を使用して定義データを取得することができます。

$objCheckBox[‘choices’] と指定することで、選択肢が格納されるデータを取得することができます。このデータは連想配列で格納されています。

Advanced Custon Fields PRO では繰り返しフィールドが使用できます。繰り返しフィールド内に設定された選択肢定義データを取得することができます。

get_field_object(‘acf_loop’)でいったん繰り返しフィールドデータを取得します。$objLoop[‘sub_fields’][1]で選択肢として定義したデータを指定し、[‘choices’] で選択肢が格納されるデータを取得することができます。このデータは連想配列で格納されています。[1]は繰り返しフィールド内のサブフィールドでの定義位置(最上位が0~)です。

Custom Field Suiteでの方法

Custom Field Suite では Advanced Custon Fields のような機能が実装されてないようです。カスタムフィールドは wp_postmeta というテーブルに格納されています。ここにシリアライズされた形式で格納されているデータを取得して、それを正規表現でマッチングさせて抽出する方法があります。

下記サイトを参考にさせていただきました。
Custom Field Suite で 選択肢 を全て取得する方法

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧