機能補足

HTMLデータで規定されていたタグなどの取り扱いを記載しております。技術的な内容においてはご不明な点もあるかとは存じますが、何なりとご質問頂ければ幸いです。
  • HTMLタグ内の相対URLはすべて移行元ドメインの完全URLに変換します。 対象となるタグは以下のとおりです。"relative"が対象となります。
    • <link rel="stylesheet" href="relative">
    • <script src="relative">
    • <img src="relative">
    • <a href="relative">
    Javascript内の相対URLは(HTMLではないので)変換対象外です(将来的改善事項)。
  • 内部リンクをWordPressパーマリンクに変換します。
    <a href="(内部リンク)">は以下のように変更します。
    <a href="(WordPressパーマリンク)">
  • 以下のタグは、WordPressのテーマやプラグインと衝突する確率が高いため反映されません。
    • <meta name="description" content="">
    • <meta name="keywords" content="">
  • CSSとJavascriptの認定タグ
    • <head>内の<link rel="stylesheet" href="ここはCSS外部ファイル" />
    • <head>内の<style type="text/css">ここはスタイルシート埋め込みコード</style>
    • <head>内の<script src="ここはjavascript外部ファイル"></script>
    • <head>内の<script>ここはjavascript埋め込みコード</script>
    • <footer>内の<script src="ここはjavascript外部ファイル"></script>
    • <footer>内の<script>ここはjavascript埋め込みコード</script>
    <footer>タグは別ものをご使用の場合は申込みメールでお知らせください。
    コンテンツタグ内の埋め込みコードはコンテンツデータに含まれます。 従って<head><コンテンツ><footer>以外に含まれる外部ファイルや埋め込みコードは採取できませんのでご注意ください。