WordPress設定

HTMLデータをWordPress化する際には、それらのデータをどのような位置付けで取り入れるかというWordPressの内部設定が必要になります。技術的な内容においてはご不明な点もあるかとは存じますが、何なりとご質問頂ければ幸いです。
  • カテゴリー
    最上位階層カテゴリーに「カテゴリー最上位階層テキスト」を配置し、この階層以下のカテゴリー構造は既存ホームページのディレクトリ構造に従います。
  • コンテンツの種別はpostです。pageへの変更はパーマネント設定とリダイレクトの関係で対応できません。
  • 投稿スラッグ
    投稿スラッグはユニーク性を保証するため、ディレクトリ構造+ファイル名ボディとしております。
    /animal/cat/kind.html→animal-cat-kind
    スラッグを変更するとリダイレクトファイルと齟齬が発生するため動作不良の原因となりますので、絶対に変更してはいけません
  • 記事URL
    もともと「http://www.sample.com/animal/cat/kind.html」であった場合で、カテゴリー最上位階層テキストとして「root」が指定された場合では、パーマリンク設定に従って以下のURLになります。
    • %category%/%postname%.html
      http://www.sample.com/root/animal/cat/animal-cat-kind.html
    • %postname%.html
      http://www.sample.com/animal-cat-kind.html
  • 公開ステータスは公開です。
  • コンテンツ公開日時は、サーバー設定などで最終更新日時を取得できない場合は、コンテンツインポートファイルをアップロードした日時になります。
  • 作成者は<author>タグがある場合はその値を適用しますが、それ以外はWordPressが割り当てます。
  • コメントの受付はデフォルトでは不許可です。一括での許可はできますので、ご希望の場合は知らせください。
  • トラックバック・ピンバックはデフォルトでは不許可です。一括での許可はできますので、ご希望の場合はお知らせください。