WordPress(ワードプレス)カスタムフィールド


本のタイトル

WordPress入門

値段

2500円

概要

WordPressの基本機能や使い方・活用方法

感想

とてもわかりやすくて、役に立った。


▲この表はカスタムフィールドで入力したデータを表示したものです。

問題点

上の表のようなレイアウトパターンを伴うコンテンツを入力するには、HTMLタグを使用してレイアウトを構築しながらそのタグ内にテキストデータを記述していかなければなりません。ページ数が多いと大変な作業になってしまいます。

カスタムフィールドとは?

カスタムフィールドは本文入力用のエディタとは異なる入力機能のことで、プラグインなどではないWordPress(ワードプレス)の基本機能の一つです。入力イメージは下の図のようになります。

カスタムフィールド入力

カスタムフィールドの利点

この機能の最大の利点は、ワンパターンレイアウトのデータ入力作業を最小レベルに簡略化できることです。

これは、テンプレートと呼ばれるプログラムにレイアウトを構築させるタグを仕込んでおいて、その中にカスタムフィールドで入力したテキストデータを自動的に流し込む仕組みにしておくことで実現できます。

データ入力作業はメールフォームに必要事項を記入していく要領で、テキストだけを入力することになります。

また、テンプレート内のレイアウト部分を変更すれば、全ページ一挙にレイアウト変更することが可能です。

料理レシピや作品の説明などのサイトに最適です。