サイテック

WordPress の基本的な使用方法・活用方法を調査し、結果を記録することを目的とする。

WordPress Logo
Logos and GraphicsTEL:042-637-3182

サイテック - WordPress の基本的な使用方法・活用方法を調査し、結果を記録することを目的とする。

WordPress バージョンアップ

2011.12.26
Shadowbox JS がバージョンアップされていて
wp-3.2.1との互換性がないとのこと。
古いShadowboxをインストールしても良いが、wpをバージョンアップすることにした。
 
3.3にバージョンアップしたら、
Notice: wp_enqueue_style/script ・・・・・・・・・
というのが出た。
 
プラグインを無効にして上記Noticeが出るか確認したら
Simple Nivo Slider というプラグインの互換性の問題であった。
 
インストール済みのプラグインやテーマと
新バージョンのWordPressの互換性の問題は
今後も出てくること必至である。
せめて上位互換の原則は守ってくれと思う。
 
本来はこの手順でアップグレードすべき → WordPress のアップグレード/詳細
 

アップグレードトラブルシューティング → WordPress をアップグレードするとプラグインを壊すことがある
 

対策

  1. プラグインの場合
    無効にしてみて、メッセージが出るかどうかを確認する。

    • 未使用であればアンインストールで解決。
    • 使用している場合
      • 改造している場合
        • 動作すればエラーメッセージは我慢する
        • 動作しない場合は代替プラグインを探す
      • 改造していない場合
        • 動作すればエラーメッセージは我慢する
        • 動作しない場合は代替プラグインを探す
  2. テーマの場合
    互換性の問題は発生しないはずです。

 

プラグインの改造履歴は必ず残しておくこと。
固定ページで非公開にしておく。

 
最悪、見栄えだけでもいいのなら
エラーメッセージは wp-config.php の define(‘WP_DEBUG’, false); とすればよい。
 

フォント変更

[サイトネットワーク管理者]→[外観]→[テーマ]→[編集]→[style.css]
→「font-family」のserif(明朝)をsans-serif(ゴシック)などに変更→[ファイルを保存]

インストールディレクトリとサイトディレクトリ

WordPressインストールディレクトリに属さないディレクトリでサイトを運用したい。

WordPress を専用ディレクトリに配置する

 

WordPress インストールディレクトリを http://www.sample.co.jp/wp 、
サイト運用ディレクトリを http://www.sample.co.jp/site とした場合、
次の2ステップでOK。

  1. サイトのアドレス (URL)を設定する。 例:http://www.sample.co.jp/site
  2. index.php の 「require(‘./wp-blog-header.php’);」 を 「require(‘./wp/wp-blog-header.php’);」に書き換え、/site/に設置する。

 

マルチサイト機能を適用した上で、
WordPress インストールディレクトリに属さないディレクトリでサイト運用は可能か?

できません。

 

マルチサイト機能下では直系のディレクトリでないと動作しません。

フォトギャラリーの作成

piaテーマを使用している。
tableタグで単純に画像を並べても、思うような配置にならない。
style.cssの縛りがきつい。
class定義ではうまくいかない。
タグ内でのstyleの指定で最強の縛りを作るしかない。

 

sawada_PhotoGalleryの定義だけでは済まないので、以下のタグで対処する。

  1. <table style="border:none">
  2. <tr style="border-bottom:1px solid red">
  3. <td style="border:none;padding:0px 10px">

 

他のテーマでは別な問題が出てくるに違いない。

パーマリンク設定

URLの表記を「http://・・・・/xxxx.html」のようにしたい。

 

【設定手順】

  1. [パーマリンク設定]→[カスタム構造 ]チェック→[「/%postname%.html」と設定]
  2. [記事投稿]→[スラッグ]→[「xxxx」のように設定]

 

【結果】

固定ページではxxxxと表記される=スラッグそのまま。

スラッグに「xxxx.html」のように設定したら「xxxx-html」と表記された。

「xxxx.html」表記はあきらめる。

投稿ではxxxx.htmlと表示されるOK。

 

【不具合】
パーマリンクがデフォルトの時は、画像の指定は「../../Image/xxxx.jpg」であった。
カスタムにするとディレクトリ階層が変わるので「../../../Image/xxxx.jpg」とする必要がある。

パーマリンク設定変更したら相対ディレクトリ指定はダメ。

絶対指定にするべき。

http://scitech.co.jp から書く必要はない。

「/public_html/aaaa/Image/xxxx.jpeg」 であるとするならば、

「/aaaa/Image/xxxx.jpeg」でよい。

 

【参考サイト】